「どうしても太ももが細くならない」を解決する足痩せダイエット法!

lk

 


 

「体重は落ちたのに、どうしても太ももだけが細くならない!」

ってことありませんか?

 

体重が落ちれば、足だって細くなるのは当然だと思いますよね。

 

けれども、ダイエットの方法が間違っていたり、あるいはアナタに合っていない場合、体重だけが落ちて、本当に細くしたいと思っている足だけが細くならないってこともあるんですよ!

 

 

今回は、太ももを細くするために必要なダイエットご紹介しますね。


 

太ももの使い方で脂肪のつき方は変わる

アナタの太ももは、どの部分に脂肪がついていますか?

 

太ももの脂肪の付き方は、まさにアナタのこれまでの使い方を物語っているといえます。

 

例えば、

 

  • 太ももの外側が張っていて内側がプヨプヨしている・・・

のであれば、太ももの外側の筋肉を使うような姿勢をとっています。

 

これは、ガニ股やO脚の人によく見られるます。

 

ガニ股やO脚の場合、主に下半身の外側の筋肉を主に使って体重を支えます。

 

そのため、太ももの外側の筋肉が発達して張っているのですが、太ももの内側の筋肉をほとんど使うことがないので、脂肪がついてプヨプヨしています。

 

  • 太ももの前側が張っている場合・・・

このパターンは、お尻を突き出すような姿勢の反り腰タイプに見られます。

 

反り腰の姿勢は、上半身が骨盤の位置よりも前になるので、主に太ももの前側の筋肉を使って体重を支えます。

 

ですから、太ももの前側の筋肉が発達して、太ももの外側や内側はプヨプヨしています。

 

  • 太ももの前側が反っているパターンは・・・

この場合、猫背の姿勢をとる人によく見られますね。

 

猫背にも種類があり、お腹を突き出すような猫背と、上半身だけが前かがみの猫背があります。

 

いずれにせよ、猫背の姿勢は骨盤の後ろ側が下がってしまうので、太ももの後ろ側に脂肪がつきやすく、お尻との境目わからないほど脂肪がついてしまいます。

 

また、太ももの前側が張っているのも特徴です。

 

 

このように、太ももの使い方次第で脂肪のつき方は変わるのですが、姿勢を正して下半身の使い方や体重の支え方を変えるだけで、美しい太ももへと生まれ変わることを可能にするのです。

 

太ももを細くするためには

太ももが細くならない理由には、間違った歩き方や不良姿勢による「骨盤の歪み」が大きく関わっていますが、これに気が付かない人は、いつまで経っても太ももだけが細くなりません。

 

歩き方や姿勢が悪いと、下半身の血行が悪く、むくみや凝りを起こしやすい状態にあります。

 

そのため、下半身には老廃物や余分な水分が溜まって、脂肪が燃えにくい足になってしまっているんですね。

 

下半身の脂肪は、筋肉が活発に動いているほど少ないものですが、筋肉の使い方に偏りがあるような歩き方や姿勢では、この働きを落としてしまいます。

 

脂肪を燃やせる下半身を作るためには、下半身の筋肉をくまなく使える歩き方や姿勢に改善するだけです。

 

それでは、太ももを細くするための正しい姿勢をお伝えしましょう!

 

正しい姿勢を知る一番簡単な方法は、壁の前に立って、体の背面を壁にピタッとつけるだけです。

この時、

  • 背中
  • お尻
  • ふくらはぎ
  • かかと

の5点が壁についているかを確認してくださいね。

 

腰と壁の間の隙間はげんこつ1個分が理想です。

 

隙間がかなりある人は反り腰の可能性があるので、正しい姿勢を身につけて改善していきましょう。

 

正しい姿勢がわかったところで、次は正しい歩き方です。


 

正しい歩き方を身につけましょう

正しい歩きかたは、正しい姿勢に加え、足裏の使い方に気をつける必要があります。

 

足の裏の使い方を気にして歩く人はほとんどいないでしょうが、実はこの足の裏の使い方こそが、太ももの使い方を変えるポイントでもあるのです。

 

正しい足裏の使い方は、かかとから着地して、足の親指を使って蹴り出す。

 

親指以外の4本の指は。あくまでも補助的な役割として考えて下さい。

 

この かかと→親指 へと体重移動させることで、体重を下半身の内側で支えるようになります。

 

そのため、主に太ももの内側の筋肉を使うようになり、自然とバランスの取れた美しいラインの太ももへと変身を遂げるのです。

 

こうした歩き方を身につけられると、つま先がきちんと正面を向くようになるので、太ももが細くなることはもちろんのこと、ガニ股やO脚の改善、足の疲れやむくみ防止にも効果があります。

 

正しい姿勢と歩き方は、下半身についた脂肪の燃焼を促し、骨盤の歪みを最小限に抑えることが出来ます。

 

太ももを細くしたい!という夢を叶えるためにも、この二つのポイントをきちんと押さえて歩くようにしましょう。

 

 

 太ももを細くするためのプラスαアイテムご紹介



姿勢や歩き方を変えるだけでも、太ももを細くするのには十分な効果を得られますが、更にその効果をアップさせる「リンパマッサージセルライトスパッツをご紹介!

 

リンパマッサージセルライトスパッツは、リンパの流れと骨盤に着目して作られたスパッツで、2週間ただなんとな~く履いて過ごしているだけで、理想の足を手に入れることが出来る優れモノ!

 

その秘密は、

  • 骨盤の部分に施された強圧編み

下腹部に施されている強圧編と、ヒップを下からグッと持ち上げる強圧編みのダブルが骨盤をしっかりとサポートしてくれるので、履いているだけで姿勢を改善し、正しい歩行へと導いてくれます。

  • リンパの巡りを良くする強圧編み

アスリートの足のトラブルを回避するために使用されるテーピング技術をスパッツの強圧編みに採用。

 

普段の練習で足を酷使しているアスリートが使用するテーピングの巻き方には、リンパの巡りを良くして疲れやケガを回避する技術があります。

 

そこで、そのテーピング技術をそのままスパッツに使用。

 

強圧編みが足のむくみや疲労を防ぎ、代謝アップをサポートしてくれます。

 

骨盤が歪むと足が太くなるのはなぜ?

不良姿勢や歩行によって骨盤が歪むと、下半身に余分な水分や老廃物が滞ってしまいます。

 

そのため、血行不良による冷えやむくみ、凝りを繰り返し起こすようになり、代謝が落ちて足が太くなってしまいます。

 

また、凝りや老廃物の停滞は、ふくらはぎのポンプ力を落とす原因にもつながります。

 

ふくらはぎのポンプ力が落ちれば、当然下半身の血液循環が悪くなって代謝も落ちるので、悪循環を招くことになります。

 

これらを改善するためには、高いお金や時間を使って骨盤矯正するのが一番良い方法だと思われるでしょうが、果たしてそれを続けていくことはできるでしょうか?

 

しかも、悪い姿勢や歩行の癖は、骨盤矯正したところで直すことは不可能に近いものがあります。

 

なぜなら、癖を直すためには本人の努力も必要だからです。

 

そうなるとやっぱり足を太くする要因を一気に解決するのは容易なことではありませんよね。

 

けれども、今回ご紹介した「リンパマッサージセルライトスパッツ」は、二週間履いて過ごすだけで良いのです。

 

きっとアナタの下半身ダイエットをサポートしてくれること間違いないでしょう。
【リンパマッサージセルライトスパッツ】を試す


関連記事⇒使える筋肉増やして痩せる!太ももの内側に隙間をつくる筋トレ法

関連記事⇒ダイエットしても体型が変わらない!酵素不足解消が痩せ体質に変える

 

まとめ

さて、今回ご紹介した正しい姿勢と歩き方ですが、難しいと感じられましたか?

 

もちろん初めは慣れない姿勢や歩き方に疲れを感じることもあると思います。

 

けれども、好きな食べ物を控えたり、きつい運動をすることよりもよっぽど楽ですよね?!

 

ダイエットはキツイのが当たりまえではありません。

 

細くならないのには必ず理由があります。

 

体重が落ちても太ももだけが細くならないのに、同じことを繰り返していても結果は変わりません。

 

太ももを細くするのに本当に必要なことをやらないでいれば、一時的に細くなったとしても、戻るのも早く維持することは難しいでしょう。

 

今こそ太ももを細くするための本当に必要なダイエット「歩き方や姿勢の改善」からスタートしましょう。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ