股関節をゆるめて脂肪燃焼!夏までに絶対痩せたい人は今すぐ始めよう

k


 

夏に向けてダイエットを始めようと思っている人も多いはず。

 

それもそのはず!

 

夏と言えば冬に比べて薄着だし、肌の露出も多くなりますよね。

 

だからこそ冬からダイエットを始めようと意気込んで、ウォーキングやランニング、ストレッチや筋トレを取り入れたハードなダイエットに挑戦しようと計画を練っているのではないでしょうか?

 

けれどもこうしたハードなダイエットは3日も続かないパターンが多く、失敗に終わってしまう人も。

 

特にこれからダイエットを始めようと思っているダイエット初心者さんは無茶をしやすい傾向にあります。

 

そこで、初心者向けのダイエットを伝授したいと思います!

 

誰にでも簡単に出来て、続けられるダイエット「股関節ユルユルダイエット」!

 

名前を聞いただけで何となく想像がつく人もいるかもしれませんね。

 

股関節とは、足の付け根部分を言いますが、股関節が硬いと下半身に余分な水分や老廃物が溜まりやすく、脂肪がつきやすくなってしまうのです。

 

アナタの股関節はどうでしょうか?

 

柔軟性に優れた股関節でしょうか?

 

股関節周辺の筋肉が硬い状態では、脂肪燃焼率を落としてしまいますよ!

 

冬は基礎代謝が上がるダイエットに最適な季節!

 

血流やリンパの流れをスムーズにするために股関節の柔軟性を取り戻し、更に季節を味方にして痩せやすい体質を手に入れちゃいましょう!


 

股関節の硬さが下半身の代謝を落とす

股関節の部分には、余分な水分や老廃物が流れる太い血管やリンパが通っています。

 

しかし、股関節周辺の筋肉が硬い状態では、余分な水分や老廃物の通り道を塞いでしまうことになります。

 

だから、下半身には血液や水分が溜まりやすくむくみを起こしやすくなってしまうのです。

 

これが元となって下半身の代謝が落ち、脂肪が蓄積して下半身太りを起こしてしまうのです。

 

代謝を上げるためには、新鮮な血液を流したり、老廃物を回収する血管を塞いではならないのです。

 

なぜなら、筋肉への栄養や酸素が十分に送ることが出来なくなれば、たちまち筋肉は硬くなって動きが悪くなり、エネルギーを消費出来なくなるから。

 

また、リンパの流れは筋肉の収縮弛緩によって働く器官です。

 

筋肉の動きが悪くなればリンパの流れも悪くなり、老廃物が溜まって冷えやむくみ、セルライトを作り出してしまいます。


 

脂肪燃焼率をアップするためには

股関節の柔軟性を取り戻すということは、下半身の筋肉の柔軟性を取り戻すということ。

 

股関節が硬い人は、実は下半身全体の筋肉が硬いこととイコールでもあるのです。

 

股関節部分には、太ももの筋肉が何本も集中してついています。

 

だから、太ももの筋肉が硬くなれば股関節の可動域は狭くなります。

 

そして、太ももの筋肉はふくらはぎの骨ともつながっているから、太ももの筋肉が硬くなってしまうと膝関節の可動域が狭くなるので、長座や前屈をしたときに膝を伸ばすことが出来なくなります。

 

筋肉って奥が深いですよね。

 

股関節と一言で言っても関係している部分は幅広く、股関節の硬さが下半身に多くの悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

下半身の血流やリンパの流れを良くすれば、下半身の脂肪燃焼率は自然とアップします!

 

股関節周辺の筋肉を弛めるということは、体にムリをかけるようなハードダイエットよりもよっぽど効率的なダイエットです!

 

次は、股関節をユルユルにするストレッチをご紹介しますね!!

 

股関節を柔軟にする簡単ストレッチでラク痩せ!

みなさんは「腰割」をご存知でしょうか?

 

腰割とは、お相撲さんが土俵に上がった際に行うポーズで、両足を肩幅よりも広く広げて立ち、そこから腰を真下にゆっくりおろします。

 

この腰割は、股関節の筋肉を柔らかくするのに効果的で、どこでもいつでも簡単に行うことが出来るストレッチの一つ!

 

また、落とした腰を元の位置に戻す時には、お尻の筋肉「殿筋」や、太もも裏の筋肉「ハムストリングス」をつかうので、たるんだヒップや太ももの引き締め効果も同時に得ることが可能。

 

腰割ストレッチの注意点は、

  • 腰を落とす時にゆっくりと落とす
  • 上半身が前かがみにならないようにする

この2点をきちんと守って繰り返し行うようにしましょう。

 

こうして毎日続けることで、股関節周辺の筋肉が柔軟になって使われるようになると、下半身の代謝が上がって脂肪が落ちていきます。

 

また、リンパの流れや血液の流れも良くなるから、足のむくみやダルさも解消出来ますよ!

 

腰割が十分に出来るようになったら、今度は「開脚」にチャレンジしましょう!

 

開脚ストレッチは、下半身全体の筋肉を柔軟に出来るストレッチです。

 

そして、下半身デブの元凶でもある骨盤の歪みを改善出来る優れたストレッチでもあるのです!

 

骨盤の歪みは、普段の生活でツイやってしまうポーズや姿勢によって起こる歪み。

 

骨盤が歪みを起こすと、足の筋肉の使い方が偏ってしまうせいで、太さや長さにも違いが出てしまいます。

 

また、骨盤周辺の血流が悪くなると、冷えによる腰痛や生理不順を起こしてしまうリスクを高めることに!

 

開脚は初めからすんなりできるストレッチではありません。

 

ムリにやろうとすると、筋肉を痛めたり、ハムストリングスの肉離れを起こしてしまうので、焦らずゆっくりと続けていきましょう。

 

毎日続けてやっていくうちに、下半身の筋肉は確実に柔らかくなってきますよ。

 

そして気が付いたときには、足の筋肉バランスも良くなって以前に比べてスリムになっているはずです!

 

関連記事⇒好きなものを食べて痩せよう!筋トレで目指せ理想のウエストライン

関連記事⇒野菜でお腹いっぱいダイエット!栄養たっぷりのもやしで速攻痩せ


 

まとめ

体に無理をかけるようなダイエットはリバウンドしやすく、体調不良を起こしやすくなります。

 

また、体重ばかりを気にして食事を押さえてしまえば、代謝に必要な筋肉を落とすことに。

 

大切なことは、筋肉を落とさないということです。

 

筋肉をつけることは簡単ではありませんが、筋肉の柔軟性を高めることは難しくありません。

 

筋肉が柔軟になれば、自然と筋肉の使われる量が増えるので、代謝は上がり痩せやすくなります。

 

そして、普段の食生活に問題はないかどうかチェックしてみましょう。

 

暴飲暴食や塩分の摂りすぎは、ダイエットの大敵ですよ!

 

きちんと食事・睡眠をとり、体に無理なく長く続けられるようなダイエットに挑戦して、少しずつ体型の変化を楽しむぐらいのユルイ気持ちで行いましょう!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ