ふくらはぎを太くするヒラメ筋の発達!ふくらはぎをスリムにする方法

k


 

ふくらはぎが太いと、スカートは履けない・・・

 

だから、いつもパンツスタイルばかりに。

 

そんなのつまらなくないですか?

 

もっとオシャレを楽しみましょう!

 

でも、ふくらはぎが細くならないと、そんな気にはなれませんよね。

 

ふくらはぎが太く見えてしまうのは、「ヒラメ筋」の発達が原因の一つです。

 

ヒラメ筋って、CMでもよく聞きますよね。

 

でも正直どんな筋肉なのかはっきりわからないと思うので、少しヒラメ筋についお話しましょう。


 

ヒラメ筋ってどんな筋肉なの?

ヒラメ筋は、ふくらはぎの裏側にあり、腓腹筋の下にある筋肉です。

 

腓腹筋は、つま先立ちをした時に盛り上がる2本の筋肉で、この筋肉が発達しているとメリハリのあるふくらはぎになりますが、ヒラメ筋が発達してしまうと、前から見た時に、足首付近までが見事なほどに太くなってしまいます。

 

腓腹筋は、ふくらはぎの中間あたりからアキレスけんに変わりかかとについていますが、ヒラメ筋は足首あたりまでが筋肉で、その先がアキレス腱で腓腹筋と同じかかとについています。

 

ようするに、ヒラメ筋は腓腹筋に比べて筋肉の面積が広いため、発達してしまうとふくらはぎが太く見えてしまうんです。

 

ヒラメ筋が発達する原因は?

ヒラメ筋が発達する原因は、単純に使い過ぎているということですが、日常で使い過ぎる要因にはなっているのが「姿勢」。

 

では、ヒラメ筋を使い過る姿勢とはどんな姿勢なのかについてお話しましょう。

 

ヒラメ筋が発達してしまう姿勢は、かかと重心であることが考えられます。

 

その結果、ヒラメ筋が発達している人に多いのが、かかとのガサつき。

 

猫背や反り腰で常に重心をかかとに乗せていると、ふくらはぎの裏側の筋肉ばかりを使うようになってしまうので太くなってしまうのです。

 

また、ふくらはぎの裏側の筋肉に疲労が蓄積して硬くなってしまっているのを放置すれば、血液や余分な水分、老廃物が溜まって、脂肪がつきやすくなってしまいます。

 

筋肉の発達に加え脂肪の蓄積といった、コンビネーションでふくらはぎは太くなってしまいます。

 

ふくらはぎを細くするためには、ふくらはぎの筋肉の使い方を変えるための姿勢改善と、セルフマッサージが必要というわけです。


 

猫背や反り腰を改善しましょう

自分がかかと重心かどうかを見極める判断材料は、靴底です。

 

靴底の裏のかかと部分が減っているのであれば、かかと重心ということになります。

 

また、以前から猫背や反り腰だという指摘を受けたことがあるという人は、かかとに重心をかける癖がついている可能性があります。

 

猫背や反り腰の姿勢を改善して、かかと重心を直しましょう。

 

かかと重心を直すということは単につま先重心に変えるということではありません。

 

足裏の、3点で体を支えるようにするということ。

 

この3点というのは、拇趾球・小拇趾・かかとです。

 

きちんと3点で体を支えられるように、重心を体の中心にすること。

 

重心が体の中心にくる姿勢は、横から見た時に、耳・肩・骨盤・膝・くるぶしが一直線上にあるということです。

 

このように正しい姿勢が身につくと、ふくらはぎの裏側の筋肉ばかりを使うことを避けることが出来ます。

 

筋肉は使わなければ自然と落ちていくもの。

 

ふくらはぎの裏側の使い過ぎを減らしていくことで、ヒラメ筋は細くなっていきます。


 

ふくらはぎのマッサージで足痩せ効果アップ

下半身から心臓へ戻る血液は、静脈を通って回収した老廃物を心臓へと運びます。

 

この心臓に血液を戻す重要な役目をしているのがふくらはぎです。

 

ふくらはぎの筋肉の収縮弛緩によって血管に圧力がかかると、血液が押し上げられるようになっています。

 

けれども、ふくらはぎの筋肉が疲労によって硬くなってしまうと、心臓へ戻す力いわゆるポンプ力が弱くなってしまうので、冷えやむくみを起こしてしまいます。

 

上半身に比べ、下半身から心臓へ血液を送るというのは、ふくらはぎにとってもかなりの重労働。

 

だから疲れも溜まりやすいんです。

 

けれども、マッサージを怠ってしまえば全身の血液循環が悪くなるので、代謝が落とす原因にも。

 

ふくらはぎの筋肉を良好に保つことは、全身の代謝アップや足痩せにも効果があるので、毎日頑張っている足へのご褒美としてマッサージしてあげましょう。

 

ふくらはぎの裏側やすねの横の筋肉を指圧したり揉んだりすると、筋肉がほぐれて柔らかくなります。

 

強さや揉む時間は自分の好みで構いません。

 

バスタイムや就寝前に揉んで血行を良くし、ふくらはぎの代謝を高めましょう!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ