理想のカラダに必ずなれる!今日から始めよう脂肪を燃やす歩き方

g


 

ダイエット中の女性なら、誰にでも理想の体というのがありますよね。

 

モデルのようなすらっとした手足とメリハリのある体は、女性にとっての憧れ!

 

あんな風に私もなりたい!

 

こんな風に目標に向かって頑張っているのではないでしょうか?

 

理想の体を手に入れるために、食事を減らしたり、きつい運動をしたり・・・

 

けれども、3日坊主に終わってしまったとか、我慢のし過ぎでストレスが溜まって暴飲暴食に走ってリバウンド。

 

残るのは脂肪と罪悪感。

 

これでは悪循環です。

 

もっと効果的に脂肪を燃やしましょう!

 

そのためには、歩き方をかえることです。

 

歩き方をかえるだけでも、痩せやすい体に変えることが出来るんですよ!

 

背中のぜい肉や二の腕の振袖肉、たるんだお尻や太ももは、姿勢や歩き方が悪くて脂肪をため込む体にしてしまった結果です。

 

正しい歩き方を身につけて、理想のカラダを手に入れましょう!


 

メリハリのある上半身にする歩き方

あなたは普段、猫背気味になってはいませんか?

 

背中をまるめた姿勢は、背中の筋肉や腕の筋肉を使う量を減らしてしまいます。

 

そして、背中の筋肉に負担をかける姿勢でもあります。

 

首が前に出てしまうと、重たい頭を細い首だけで支えるようになります。

 

それを倒れないように背中の筋肉が支えようとするから、背中にまで負担がかかってしまうのです。

 

首や背中の筋肉には疲労が蓄積!

 

血行が悪くなって老廃物が溜まるから、脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

 

首を起こして、首や背中の筋肉への負担を減らしましょう。

 

腕は、背中の中心に向かって振るようにしてください。

 

胸の筋肉が伸び、二の腕の筋肉が使われる量が増えて鍛えられるから、バストアップや二の腕の脂肪を燃やすのに効果的です。


 

引き締まった下半身をつくる歩き方

下半身に脂肪がつきやすくなるのは、上半身の猫背が原因です。

 

猫背は、太ももの前側ばかりを使うようになって、裏側の筋肉を使うことが減ってしまいます。

 

だから、お尻や太ももの裏の筋肉が衰えて、脂肪を燃やせなくなってしまうのです。

 

また、太ももの内側に脂肪がついたり、ふくらはぎの横が硬くなってしまうのも、身体の重心が、前に偏ってしまっているからなんですよ。

 

太ももの前や外側に負担がかかり続けると、太ももの骨の大転子(だいてんし)部分が正しい位置からずれて横にネジれを起こしてしまいます。

 

そのため、お尻が横に広がって大きくなったり、両膝が離れたO脚になってしまうのです。

 

お尻の筋肉や太ももの筋肉をバランスよく使って歩くことが、脂肪を効率よく燃やすのには重要です。

 

血行が悪くなるような偏りのある筋肉の使い方をやめて、下半身への負担を軽減させましょう!


 

正しい姿勢とは

正しい姿勢は、横から見た時に

  • 骨盤

これらが一直線上にあること。

 

家族や友人に横からチェックしてもらって確認してみましょう!

 

そして、ずれている部分は直して、正しい姿勢を意識しながら歩き、少しずつ癖づけていきましょう。

 

正しい姿勢を癖づけるためのコツは、頭の上にペットボトルを乗せているイメージで。

 

また、頭をいつでも上半身に乗せて、体の中心に持ってくることが大切です。

 

首や背中、腰、下半身にも負担がかからなくなります。

 

全身の血行が良くなれば、筋肉にも栄養や酸素が行き届き、柔軟な筋肉を保つことが出来ます。

 

柔軟な筋肉を保つということも、太りにくい体質に変えるためには重要なポイント!

 

筋肉が柔軟で良く動くと、血液や老廃物の流れが良くなるから代謝も上がります。

 

衰えた筋肉や、動かさない筋肉が多くなれば、その分脂肪の溜まり場を増やすだけ!

 

正しい歩き方は、「血行促進」「筋力アップ」「筋活動量アップ」のトリプル効果があります。

 

今日から正しい歩き方を実践していきましょう!

話題の遠赤外線の力を利用した着圧ソックス


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ