「太ももとお尻がデカイ」のが悩みの女性を救い出す2つの解決方法

k

太ももとお尻ばかりが異常に太い!

 

そんな下半身太りに悩んでいませんか?

 

スリムなパンツを履きたくても太ももでつっかえてしまう・・・

 

お尻が大きいからいつも大きめのサイズを選ぶ羽目に・・・

 

太ももやお尻が太いと、このように服選びにも影響が出てしまいますよね。

 

ではなぜ太ももとお尻ばかりが太くなってしまうのでしょうか?

 

実は、太ももとお尻が太くなってしまうのにはある原因が潜んでいます。

 

 

今回は、太ももとお尻が太くなる原因をタイプ別にお話しますね。


 

太ももの前側が張ってお尻が大きい人は

太ももの前側が太くお尻が大きいのが悩みの人は、「反り腰姿勢タイプ」。

 

「反り腰姿勢」とは、お尻を突き出すような姿勢を言います。

 

歩行時の歩幅がとても小さく、足の可動範囲が非常に狭いのが特徴です。

 

胸を張り、背筋が伸びているので姿勢が良く見えがちですが、反り腰も不良姿勢の代表です。

 

反り腰の姿勢は、重心が前に偏るため、太ももの前側の筋肉ばかりを使うようになります。

 

そのため、太ももの前側の筋肉が異常に発達してしまいます。

 

また、お尻が大きくなってしまうのは、お尻の筋肉をきちんと使えていないからなんですよ。

 

下半身にかかる重心が前側に偏ると、下半身の裏側にある筋肉をあまり使わなくなってしまいます。

 

そのため、お尻に脂肪がついて大きくなってしまうのです。

 

気が付かないうちに、お尻の筋肉をあまり使わなくて済む歩き方になってしまっているんですね。

 

太ももの横が張っていてお尻が横に大きい人は

太ももの横が張っていて、お尻が横に大きい人は「ガニ股・内股タイプ」。

 

ガニ股や内股の人は、体重が体の中心を通らず横に流れてしまいます。

 

だから、太ももの横の筋肉は硬くて内側には脂肪がついてプヨプヨしています。

 

また、ガニ股や内股の人は、太ももの横の一番高い部分(大転子)が出っ張ってしまうから、お尻が横に広がって大きくなってしまいます。

 

太ももの外側の筋肉が以上に発達してしまったり、お尻が横に大きくなってしまうのも、こうした下半身の筋肉の使い方に偏りがあるからなんですね。


 

姿勢を変えるだけでスタイルが良くなる

太ももやお尻を細くしたいなら、まずは姿勢から改善してみませんか?!

 

食事を減らしたリ、キツイ運動をするよりずっと楽なはずです。

 

もちろん初めは、姿勢を正すことも辛いと感じるでしょう。

 

だから、なんとなくいつもとは違うところに疲労を感じられることもあるでしょう。

 

けれどもそれは、今まで使えていなかった筋肉を使っている証拠です!

 

上半身をはじめ、下半身にも疲労を感じられるでしょうが、慣れるまでの辛抱です。

 

慣れてきたころには、下半身のたるんでいた太ももやお尻が引き締まって、見た目もスッキリしてきますよ!

 

正しい姿勢を知る方法は、壁の前に立って、体の背面を壁にピタッとくっつけます。

 

このとき、頭・背中・お尻・ふくらはぎ・かかとの5カ所がくっついていればOKです。

 

逆に、頭をつけるのに苦労する人や、腰と壁の間にげんこつ1個以上の隙間がある人は、「猫背」または「反り腰」といった不良姿勢の証です。

 

毎日正しい姿勢をチェックして、体に記憶させていきましょう。

 

歩き方を変えるだけで足もお尻も細くなる

かかとから着地して、親指で地面を蹴り出すのが正しい歩き方です。

 

これが出来ている人は、下半身の内側の筋肉を使って体重を支えられているから、脂肪がつきやすい太ももの内側もスッキリとしています。

 

たいしてガニ股の人は、外側の筋肉ばかりを使って体重を支えているので、太ももの横の筋肉は発達していますが、内側には脂肪だけがついてしまいます。

 

また歩く時も、かかとや足裏の外側をメインで使うので、ガニ股やO脚になりやすいのです。

 

下半身の中心の筋肉を使って体重を支える歩き方が出来るようになると、下半身の筋肉をバランス良く使えるようになるので、太ももやお尻は自然とスッキリとしてきます。

 

それまで外側を向いていたつま先も真っすぐの方向を向くようになるので、歩き方もスマートになり、姿勢にもスタイルにも変化が表れます。

 

かかとからついて親指で蹴り出す歩き方を意識して、スタイルアップを目指しましょう。

 

太ももやふくらはぎのむくみ解消には→足のむくみがひどくてパンパン!リンパマッサージで速攻スッキリをお読み下さい。

太ももの内側の脂肪を集中的に落としたい人は→太ももの内側についた脂肪を落としたい人は足の裏を正しく使え!をお読み下さい。

 


 

まとめ

太ももが太く尻がデカイのがコンプレックスだという人でも、日常生活でほんの少し「姿勢」や「歩き方」に注意するだけで細くすることは可能です。

 

これまでダイエットで失敗続きだった人や、苦しいダイエットに耐えても結果を出せなかった人も、正しい姿勢と正しい歩き方で再チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

諦めていたスキニーパンツやスカートだって、自信を持って履ける日がきっと来るはずです!

 

MIL MIL MICHILU


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ