太ももの内側についた脂肪を落としたい人は足の裏を正しく使え!

u

太ももの内側についた脂肪って、頑張ってもなかなか落ちてくれないんですよね。

 

特に、二の腕や太ももの内側はぷよぷよと柔らかく、筋肉がつきにくい部分でもあります。

 

だから、筋トレや運動をしても成果が出にくいのです。

 

でも諦めないで下さい!

 

太ももの内側についた脂肪を効率よく落とす方法があるんですよ、しかも簡単に!

 

ここで少し注目して欲しいのが足裏です。

 

実は、足の裏を正しく使えるようになるだけで、太ももの内側の脂肪をみるみる落とせるんですよ。

 

 

今回は、正しい足裏の使い方についてご案内しますね。


 

足裏の正しい使い方

アナタは歩く時に、足裏を意識して歩いていますか?

 

ここで「はい」と答える人は少ないでしょう。

 

普段当たり前のように歩いたり走ったりする時に使われている足の裏ですが、正しい使い方というものが存在しているのです。

 

歩く時や走る時は、当然かかとから地面に着きますよね。

 

そのあとどのように重心を移動させるかが重要なんです。

 

正しい重心の移動のし方とは

 

かかと足裏の外側親指

 

というのが正しい重心の移動のし方です。

 

足の親指で地面を蹴り出して、それ意外の指は補助的な働きをするのであって、あくまでもメインは親指です。

 

だから、他の指に比べても大きいのが一目瞭然ですよね。

 

かかとと親指で体を支え、足の親指で地面を蹴り出す。

 

こうした足の裏の使い方が出来るようになるだけで、太ももの内側についた脂肪は落ちていきます。

 

では、足の裏を正しく使えるようになるとなぜ太ももの内側の脂肪がおちていくのでしょうか?

 

次はその謎に迫っていきたいと思います。


 

足の裏を正しく使うと太ももの内側の脂肪が落ちるのはなぜ?

足の裏のかかとと親指を使って立つ・歩くようにすると、自然と体重を下半身の内側で支えるようになります。

 

そのため、普段意識しないと使うことが少ない太ももの内側の筋肉を使うようになるため、太ももの内側についた脂肪を効率よく落とすことが出来るのです。

 

足の裏のかかとと外側を主に使って体重を支えている人は、たいていガニ股やO脚気味です。

 

だから、太ももの内側には脂肪がついて、太ももの外側やふくらはぎの外側の筋肉が発達して太くなってしまいます。

 

アナタの太ももやふくらはぎはどうでしょうか?

 

そしてつま先の向きや膝の向きは真っ直ぐ前を向いていますか?

 

太ももやふくらはぎの外側の筋肉の発達が見られる、または、膝やつま先が外側を向いているのであれば、下半身の外側で体重を支えている証拠です。

 

もちろん、正しい足の裏の使い方ができていないことになります。

 

今日から立っている時、そして歩く時には、足の裏のかかとと親指を使うように意識してみましょう。

 

これまで見られることがなかった太ももの内側に隙間が生まれ、諦めていたショートパンツやスカートを履く楽しみが出来ますよ!

 

目指せ!ストレスフリーなダイエットへ♪「青の花茶」



 

ガニ股やO脚を防ぐ方法

足の裏を正しく使えるようになると、太ももの内側の筋肉を良く使うようになるから、太ももの内側についた脂肪を効率よく落とすことが出来るということはおわかりいただけたでしょうか?

 

それでも膝やつま先の向きがどうも外側を向いてしまうという人は、股関節に問題があるのかもしれません。

 

股関節は太ももの付け根の部分を言いますが、その部分がねじれを起こしている人は膝やつま先が外側を向いてしまいます。

 

ではなぜ股関節がねじれを起こしてしまうのでしょうか?

 

それには、姿勢やお尻の筋肉の凝りが要因になっていると考えられます。

 

猫背であったり、何らかの要因によってお尻の筋肉が凝りを起こして硬くなってしまうと、股関節の可動域が狭くなってしまいます。

 

また、太ももの骨の大転子という部分が縮んだ筋肉に引っ張られてしまうと、正しい位置からズレたり、前側や後ろ側へとねじれを起こしてしまうのです。

 

これらを防ぐためには、姿勢の改善とストレッチが1番の近道です。

 

 

次は、股関節周りを柔軟にするストレッチをご紹介しましょう!

 

股関節周りを柔軟にするストレッチ

まずは、お尻の凝りを解消しましょう。

j

  • 写真のように片足をもう片方の太ももに乗せます。
  • 上半身をゆっくりと足に近づけます。

お尻の筋肉がギュウっと伸びているのがわかるところで30秒止めます。

反対側の足も同じようにやってみましょう。

 

 

次は股関節を開くストレッチです。

l

  • 仰向けに寝ころがって、両膝を曲げて開きます。
  • ゆっくりと息を吐きながら開いていきます。

体がリラックスできると筋肉もゆるみやすくなるので、力まずにやって下さいね。

両足を開けるところまで開いたら、そのままのポーズで30秒静止します。

 

この二つのストレッチを毎日お風呂上がりや寝る前に行うと、股関節周りの筋肉が柔軟になるので、O脚やガニ股防止になりますよ。

 

まとめ

足の裏を正しく使えるようになると、体の重心は自然と体の中心に集まります。

 

上半身を支える下半身は自然と内側の筋肉を使うようになるので、それまで落ちにくかった太ももの内側の脂肪も簡単に落ちていきます。

 

ですから、立っている時はかかとと親指を使うこと、そして、歩く時はかかとから親指へと重心移動させることを意識して過ごしてみて下さい。

 

そうすれば、もう苦しいダイエットに挑戦しなくて済むはずですよ!

 

足のむくみに悩んでいる人は⇒足のむくみがひどくてパンパン!リンパマッサージで速攻スッキリ

太ももの前側の張りに悩んでいる人は⇒太ももが反って前側太い/スキニーが似合う細い足になるための方法


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ