「太ももに隙間がない」という悩みを30日間で解決する方法

k

太ももの隙間が見当たらない・・・

 

そんな自分の太ももにコンプレックスを抱え、いつだって足を隠すような服を選ぶようになってはいませんか?

 

夏にはやっぱりショートパンツを履いたり、スキニージーンズだってカッコよく履きこなしたいですよね。

 

ただ太ももについた脂肪ってなかなか落ちてくれないんですよね。

 

しかも、ダイエットでありがちなのが、肝心な部分が細くならない・・・ではないでしょうか。

 

 

今回は、太ももの内側の隙間をどうしたら作ることが出来るのかについてお伝えしましょう。


 

太ももの隙間を作る効果的なダイエット法

太ももを細くしたくて食事制限をしていたり、置き換えダイエットや断食をしているのであれば、それは間違いです。

 

太ももの隙間がないのは、

  1. 太ももの筋肉量が少ない
  2. 下半身の血行不良
  3. むくみがひどい

これらが深く関わっているからです。

 

どんなに辛い食事制限をしても、根本的な解決にはなっていません。

 

だから、太ももの間が脂肪で埋もれている状態から抜けられずにいるのです。

 

太ももの内側に隙間を作るのには、ちょっとしたことを気をつけるだけでいいんですよ!

 

それは「姿勢」

 

普段あなたがとっている姿勢を思い出してみて下さい。

  • 片足に重心をかける
  • 足を組んで座る
  • 猫背
  • 反り腰

一つでも当てはまるもはありましたか?

 

もし当てはまるものがあるのであれば、改善が必要ですね。

 

日常の中で何気なくとっている不良姿勢が、気が付かないうちにアナタの太ももに脂肪がつきやすい状態を作り出しているのです。

 

不良姿勢がなぜ太ももを太くする原因になっているのか、それは、骨格の歪みや筋肉の使い方に偏りが生じることによって血行が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなります。

 

その結果、むくみや冷えを起こして下半身の代謝が落ち、脂肪がつきやすくなってしまうのです。

 

ですから、太ももの隙間を作るためには、普段何気なくとっている不良姿勢から治していきましょう。

 

正しい姿勢をとるということは、甘いものを断ったり、食事を減らすことよりずっと簡単ですよ!

 

姿勢の改善は、ストレスフリーなダイエット方法です。

 

姿勢が悪いとダイエットの妨げになるほか、様々な疾患の原因にもつながります。

 

体に負担をかけずに長く続けられて、確実に変化が表れるダイエットに切り替えていきましょう。


 

ハードなダイエットは失敗の元

姿勢の改善の他に、代謝を上げるためにやると良いのが「ストレッチ」と「マッサージ」の二つです。

 

ダイエットのために運動を始める人も多いでしょうが、長く続けられる人は少ないのではないでしょうか。

 

もちろん健康維持や美容には運動はオススメです。

 

しかし、ダイエットを目的として運動を始める人は、結果を早く出そうとするあまり、ハードな運動をしたがります。

 

例えば、歩くよりも走る方がカロリーの消費は多いだろうと思い込み、とにかく毎日ランニングをするとか、筋トレを欠かさず毎日やるとか、縄跳びを毎日飛び続ける・・・

 

こんなハードなダイエット法では、疲労ばかりをためこんでしまいます。

 

そのうえ、結果が思うように付いてこないと焦りが生まれ、トタンに暴食!

 

ストレスでリバウンドする結果になってしまうだけですよね。

 

とりあえず30日間を目標に、ゆるりとやってみませんか?

 

ダイエットは辛い!

ダイエットは苦しい!

なんて思ってやるよりも、少しずつでも現れる変化を楽しみながら余裕をもって挑戦してみましょう。

 

太ももの形は姿勢の表れ

太ももの形で、筋肉の使い方というのがわかります。

 

そして、筋肉の使い方から、どんな姿勢をよくとっているのかが判断できます。

 

太ももが太いのが悩みの人に一番多い太ももの形は、「太ももの前張り」です。

 

たいていの人が、体の重心位置が前になる前傾姿勢が多く、太ももの前側の筋肉の発達が目立っています。

 

これは、太ももの前側の筋肉ばかりに負担をかけているということ。

 

そして、太ももの内側や裏側の筋肉をあまり使っていないということの表れです。

 

体の重心を中心に持ってくることで、下半身の筋肉をバランス良く使えるようになり、太ももの形も変わってきます。

 

耳・肩・骨盤・膝・外くるぶしが一直線上になるような姿勢を心掛けていきましょう。

 

太ももの内側の筋肉に刺激を!

今まで使われることが少なかった太ももの内側の筋肉に刺激を与えることも、太ももの隙間を作るうえで重要です。

 

太ももの内側の筋肉にチョッとした刺激を与える方法には、

  1. 太ももの内側の筋肉を掴むようにマッサージ
  2. 鼠蹊部(そけいぶ)に向かって流すリンパマッサージ
  3. 筋肉の柔軟性を高める(開脚)ストレッチ

姿勢の改善に加え、こうしたスパイスを日常に足してみましょう。

 

太ももの筋肉が柔らかくなって血行が良くなると、老廃物の排泄促進・代謝アップが脂肪燃焼効果を高めて、太ももの内側に隙間が表れますよ!



 

まとめ

  • 夏までに太ももの隙間を作りたい!
  • スキニーをカッコよく履きこなしたい!
  • ショートパンツを履きたい!

こんな願いを叶えてくれるストレスフリーなダイエットには、姿勢改善が効果的です。

 

焦らずに、自分の姿勢の改善分部を見つけ出し、下半身に脂肪がつきやすくなる血行不良を解消していきましょう。

 

姿勢の改善に加え、マッサージやストレッチを30日間続けてみて下さい。

 

足の疲れやむくみが前よりも楽になったと感じれられたら、変化し始めている証拠です!

 

そのまま継続することで、アナタの理想の足を必ず手に入れられるでしょう。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ