O脚直して目指せモテ足!「バレエ立ち」たったの5分でO脚改善

g

美しい足の条件には、

  • 適度な筋肉
  • ほどよく脂肪がついている
  • 太ももの間に隙間がある

このような足は女性にとっても憧れの足であり、男性にとっても魅力を感じられる足ではないでしょうか。

 

けれど、どんなにメリハリがあって引き締まった足だとしても、O脚では見た目が良くありません。

 

とはいえ、O脚ってそう簡単に直らないんですよね。

 

O脚は、その人の生活環境や動きなど様々な原因の積み重ねによるもの。

 

チョッとやそっとでは、長年の積み重ねによって起こしたO脚が直るはずもありません。

 

だから、そんなO脚に悩み続けて試行錯誤されている女性も多いのではないでしょうか。

 

自分でO脚を直すなんてやっぱり不可能なのかしら・・・

 

と、諦めてしまう人も。

 

ところが、自力でO脚を直せる方法があるんです!

 

それが、「バレエ立ち

 

バレリーナの足といえば、うっとりするようなスラリとした足。

 

筋肉がきちんとついて、余分な脂肪はついていません。

 

そして何より脚線美が素晴らしい!

 

まさに女性が憧れる3拍子揃った足と言えますよね。

 

この脚線美の秘密は、バレエのレッスン中の立ち方にあります。

 

 

では、O脚を改善する「バレエ立ち」についてご紹介しましょう。


 

つま先を90度に開く

h

かかとをつけて立ち、つま先を90度まで開きます。

 

この時、膝が開かないように注意して下さい。

 

初めのうちは90度まで開くのは難しいと思いますので、開くところまででいいです。

 

そしてこの状態で5分静止。

 

背中が丸くならないように背筋をしっかり伸ばすことも忘れないで下さいね。

 

1日5分こうして立つだけで、徐々にO脚は改善出来ます。

 

もちろん、出来る時にひたすらやるのも構いません。

 

 

それでは次に、なぜこの立ち方でO脚を改善することが出来るのかについてご説明しましょう。


 

バレエ立ちがO脚改善に効果があるワケとは

まず初めに、O脚はどのようにして起こるのかについてお話しましょう。

 

O脚の原因のほとんどは姿勢にあります。

 

座っている時や立っている時の姿勢によって足の外側の筋肉ばかりに負担がかかると、大腿骨が外側にねじれて開いてしまいます。

 

体重を太ももやふくらはぎの外側の筋肉で支えるようになるため、次第に膝関節での歪みを起こしてO脚になってしまいます。

 

またO脚になると、太ももの前や横の筋肉が硬く張って股関節の可動範囲が狭くなってしまうので、大腿骨が元の位置に戻ることが出来なくなってしまいます。

 

つま先を広げるバレエ立ちをすると、大腿骨のねじれとは逆の方向に股関節を開くため、股関節周辺の凝り固まった筋肉がストレッチ効果によって柔軟になります。

 

膝をきちんとつけることで、体重を支えるのに使われる筋肉がそれまで太ももの外側だったのに対して、太ももの内側の筋肉の内転筋を使って支えるため、外側に歪みを起こしていた膝を内側に引き寄せる働きをします。

 

それと同時に、背筋を伸ばして立つことを意識するので姿勢改善効果もあり、自然とお尻の筋肉を使うため、ヒップアップ効果も期待できます。

 

正しい姿勢になると上半身の重心が体の中心にくるため、それまで使われていなかった太ももの裏側の筋肉も使われるようになり、太ももとお尻の境目がクッキリと!

 

尻と太ももの境目がクッキリとしていることも、メリハリのある美脚ラインには必須ですよね。


 

まとめ

O脚は、足の見た目を悪くするだけでなく、足の冷えやむくみ、凝りを引き起こす元となります。

 

立っているだけにも関わらず、これだけ多くのメリットを生み出すバレエ立ちをやらないわけにはいきませんよね!

 

家事をしながら、テレビを視ながらというように何かをしながらでも出来るバレエ立ちなら、続けることも難しくないですよね。

 

何かをしながら出来るということも、長く続けられる条件として大切ではないでしょうか。

 

O脚を改善するためにこれまでいろいろと試してきたけれど、結果が出せず諦めてしまっている人にこそ「バレエ立ち」をやっていただけたらと思います。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ