糖質抜きダイエットは危険がいっぱい!失敗しない秘訣はチョイ抜き

l

ダイエットで早く結果を出したい!

 

そんな想いから糖質抜きダイエットを始める人も多いですが、糖質抜きダイエットには危険がいっぱい潜んでいます。

 

糖質を抜くというのは、炭水化物を摂らないようにすることですが、私たちが生きていくのに必要な三大栄養素のうちの一つに炭水化物があります。

 

では、炭水化物を抜くということがどれだけ体にダメージを与えてしまうのでしょうか。

 

 

今回は、糖質抜きダイエットの危険性と、成功の秘訣についてお話しします。


 

糖質が大切な理由

糖質は、タンパク質や脂肪に比べて吸収されるのが早くエネルギーに変わりやすい栄養素で、脳や筋肉の働きに必要な栄養素です。

 

唾液や小腸で分解された糖質はブドウ糖へと変わり、一部をグリコーゲンという栄養素に変えて肝臓と筋肉で蓄えられエネルギーとして使われます。

 

ところが、エネルギーとして使われなかった糖質は中性脂肪に変えられ、脂肪組織に蓄えられてしまうのです。

 

だから、糖質の摂りすぎが太る原因でもあるのです。

 

かと言って、糖質を一切抜いてしまうのは危険なうえに、ダイエットの失敗を招く結果に!

 

というのも、肝臓や筋肉で蓄えられるのはほんの一部。

 

炭水化物を抜いてしまうと、筋肉や脳の活動に必要な糖質を補うために、肝臓や筋肉で蓄えておいたグリコーゲンを再びブドウ糖に変換して使うわけですが、底をついてしまうと今度はタンパク質を糖質に変えてしまうため、筋肉が痩せて運動機能が低下してしまいます。

 

また、こうした状態が長く続いてしまうと脳が危険だと判断して、糖質の減りを防ぐために体全体の機能に制限をかけて「省エネモード」に切り替えます。

 

すると、体がダルくなったり、やる気が起こらないといった倦怠感に襲われるようになります。

 

このように、脂肪より重たい筋肉が痩せてしまうと、当然体重も落ちます。

 

そのため、「糖質を抜くことが最もダイエットに効果的!」という勘違いを起こしてしまうのです。


 

筋肉が減ると

筋肉が減るということは、その分太りやすくなるんですよ!

 

なぜなら、筋肉が落ちればブドウ糖の消費量が落ちるわけですから、余るブドウ糖も増えてその分脂肪として蓄えられる分が増えるということになります。

 

要するに、筋肉量が減ると代謝も落ちるから、太りやすい体になってしまうということ。

ひとくちダイエット「スリムバーン」でメラメラ力アップ!

脳の機能低下

脳のエネルギーに使われるのは糖質だけです。

 

糖質抜きダイエットをしている時に甘いものが食べたくなるのは、脳が糖質を欲している証。

 

けれども、そこで甘いものを食べることを我慢して耐え続けていると、やがて大きなストレスを抱えることに!

 

ストレスの影響を受けやすい脳はダメージを受けて、機能が低下してしまいます。

 

これがどんなに恐ろしいことか・・・

 

脳は体のあらゆる器官の司令塔です。

 

その脳の機能が低下するということは、運動機能の低下や自律神経の乱れ、女性ホルモンの乱れにもつながるということ。

 

女性にとって必要不可欠な女性ホルモンのバランスが崩れれば、生理不順を起こしたり、最悪無月経になってしまうことも。

 

このように、糖質抜きダイエットをやった結果、体に様々な不調が現れるようになります。

 

だから、糖質を完全に抜くのではなく、「チョイ抜き」がダイエットにとってベストなのです!

 

また、脳が危険だと判断してしまうのを防ぐためにも急激に減らすのではなく、少しずつ減らして体に慣らしていくということが大切ですよ。


 

まとめ

体に負担のかかるようなダイエットは大変危険です。

 

ダイエットを確実に成功させるためにも、時間をかけて焦らずに取り組んでいきましょう。

 

それが結果的にリバウンドを防ぎ、ダイエット成功へと導くのですから。

 

また、ダイエット中にストレスを貯め込まないということも大切です。

 

自分なりのストレス発散方法を見つけて、ダイエットを成功させましょう!

 

関連記事⇒理想のカラダに必ずなれる!今日から始めよう脂肪を燃やす歩き方

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ