二の腕が太いと太って見える!二の腕に付いた脂肪を燃やす歩き方

2

体は細いのに二の腕が太いと、バランスも悪いし何となく太っているように見えませんか?

 

それに、二の腕が太いせいでワンサイズ大きめの服を着る羽目になっているとしたら、確実に損してますよね。

 

でも、二の腕ってなかなか細くならないから、、結局隠す方に逃げてしまうパターンを選んでしまうんですよね。

 

大丈夫です、二の腕だってちゃんんと細くなります!

しかも、歩くだけで!

 

 

今回は、二の腕がみるみる細くなる歩き方をご紹介しますね!


 

腕の振り方を変えるだけ!

1

ダイエット目的で毎日歩いているけど、二の腕は少しも細くならない!って疑問に思う人もいますよね。

 

そこにはちゃんと腕が細くならない理由があります。

 

それは、二の腕の筋肉【上腕三頭筋】をきちんと使えていないから!

 

上腕三頭筋って、物を押したり持ち上げたり、腕を後ろに引く動作の時に使われる筋肉なんですが、力こぶと呼ばれている筋肉の上腕二頭筋に比べて、日常で使われる頻度が少ないんです。

 

歩く時も、腕を前に振ることは簡単だし、無意識でも出来る事ですが、後ろに腕を振るというのは意識しないとなかなか出来ません。

 

でも、この腕を後ろに振るという動作が最も重要なポイント!

 

いかに上腕三頭筋を収縮させるかにかかっています。

 

例えば、腕を曲げると力こぶが出来ますよね、この時上腕二頭筋の収縮によって腕を曲げることが出来ていますが、二の腕の筋肉は特に働いてはいません。

 

歩くときに二の腕の筋肉を使うようにするためには、腕を後ろに引く時に肘を伸ばすと、二の腕の筋肉をしっかり収縮させることが出来ます!

 

おそらく今までの歩き方は、「肘を曲げて大きく腕を振る」ようにしてきたと思いますが、それでは上腕三頭筋をほとんど使うことは出来ていません。

 

だから、二の腕が細くならなかったんです!

 

肘を曲げる事よりも、肘を伸ばして後ろに引くということを意識して歩くようにしていきましょう!

 

そして、腕を後ろに振る方向ですが、真後ろに引くよりも、体の中心に向かって振りましょう。

 

肩甲骨を引き寄せるようにすると、自然と体の中心に向かって振ることが出来ます。

 

そうして歩いていると、1時間もしないうちに二の腕がパンパンに張ってきます。

 

上腕三頭筋をきちんと使えている証拠ですよ!


 

十分に使った二の腕にはご褒美を!

パンパンに張った筋肉をそのまま放置はいけません!

 

放っておくと腕に疲労が溜まって、翌日にもダルさが残ってしまうし、血液の流れが悪くなって老廃物が溜まるから、代謝も落ちて、せっかくの努力が無駄になってしまいます。

 

ですから、ストレッチやマッサージをして、疲れた筋肉をきちんと緩めてあげましょう。

 

運動プラス、ストレッチやマッサージの効果で、二の腕の脂肪が落ちるスピードが速くなりますよ!

 

疲れた二の腕に効果的なオススメストレッチ

3

片方の腕の肘を曲げて頭の後ろに回したら、もう片方の腕で肘を掴んで引き寄せます。

 

両方交互に行いましょう。

 

こうすると、二の腕の筋肉や肩甲骨周辺の筋肉を同時に伸ばすことが出来るし、血流が良くなって老廃物の流れもスムーズになるから、二の腕の脂肪が落ちやすくなります!

 

歩いた後に限らず、空いた時間や気が付いたときにやるようにしましょう。


 

まとめ

4

歩くときの腕の振り方をほんの少し変えるだけで、二の腕の脂肪を燃やし、細くすることを可能にします!

 

また、歩く時だけに限らず、日常でも二の腕の筋肉「上腕三頭筋」を使う頻度を増やして、スリムな腕を目指しましょう。

 

そして、上腕三頭筋を使った後のケアも忘れずに!

 

運動後や空いた時間、睡眠前などにはマッサージやストレッチを積極的に行う事をオススメします。

 

数か月後にはきっと、自慢したくなるような二の腕に劇的変化を遂げていること間違いなしですよ!



関連記事⇒炭酸お風呂でダイエット!二酸化ガスが血行促進脂肪燃焼をサポート

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ